風邪薬を買うだけで節税?新しい医療費控除「セルフメディケーション税制」とは?

スポンサーリンク

2017年から始まった医療費控除の特例って知ってますか?

その名も「セルフメディケーション税制」

家計と直接関係する税制なのに、よく知らない!という人がほとんどです。セルフメディケーション税制のポイントをおさえて、賢く節税していきましょう!

なぎさ
今年からセルフメディケーション税制が始まったんだって。知ってる?
セルフメ…なんそれ、知らん。

セルフメディケーション税制とは?

セルフメディケーション税制ってなんだか難しい言葉ですね。横文字だし…

でもとってもわたしたちに身近な制度なんです!

今までの医療費控除は、病気やケガをして1年間に使った家族の医療費が10万円より多くないと医療費控除が受けられませんでした。

へえ?(知らんかったけど)
でも、1年間に10万以上も医療費使うことってなかなかないですよね。

そこで、新しく始まったのがセルフメディケーション税制です。

セルフメディケーション税制は、1年間にドラッグストアで買った市販の薬の合計金額が1万2000円を超えると、所得から控除できる仕組み。

今までの10万から1万2000円になったことで、金額のハードルがグンと下がって利用しやすくなりました。

利用期間

セルフメディケーション税制は、2017年の1月に始まりました!

利用期間は、2017年1月1日~2021年12月31日までです。

めっちゃ最近やん!

利用できる人

セルフメディケーション税制は、誰でも利用できるわけではありません!セルフメディケーション税制を利用するには、以下の3つの条件に達することが必要です。

条件1:所得税と住民税を納めていること
おお、ギリギリクリア!
条件2:申告する人が申告対象の1年間に

  • 定期健康診断
  • 健康診査
  • 特定健康検査(メタボ健診)
  • 予防接種
  • がん検診

のいずれかを受けていること

あ!会社で定期健康診断受けたから、いけるかも?
条件3:1年間(2017年1月1日〜12月31日)で対象となる医薬品を1万2000円を超えて購入していること(扶養家族分は合わせて計算できます)。
※ 控除できる金額の上限は8万8000円
なぎさ
確定申告をするときには、対象商品の購入を証明するレシートまたは領収書と、健診などの領収書や結果通知書を提出するの。うちも保管しておこう!

ちなみに確定申告に必要な領収書・レシートについての詳細はコチラ

いくら税金が戻ってくるの?


課税所得400万の人が対象商品を年間2万円購入した場合

20000円−12000円=8000円

→8000円が課税所得から控除されます!

減税額

  • 所得税
  • 8000円×所得税率20%=1600円

  • 翌年度の個人住民税
  • 8000円×個人住民税率10%=800円

    減税額 1600円+800円=2400円

じゃあ2万円分薬を買ったら2400円タダってこと?
なぎさ
そういうこと!

こちらのページで計算できます!

対象になる薬

市販薬全部が対象じゃないよね…どうやって見分けるん?

特性成分を含んだOTC医薬品が含まれます!

OTC医薬品とは
Over the Counter Drugの略で、市販薬のこと。
一般の人が薬局で買うことができ、自分の判断で使う医薬品のことです。薬の専門家と購入者が相談しながら適切な医薬品を選択することに由来します。

セルフメディケーション税制の対象になる商品の薬箱には、小さいシールが貼ってあったりパッケージにマークがついているのでわかりやすいです。マークがついていないものの中にも対象の薬があるので、薬局に聞くのがベスト!(古い商品にはマークがついてなかったりします)


こんなマーク!

たとえば、胃腸薬の「ガスター10」、鎮痛剤の「ロキソニンS」、抗アレルギー薬の「エスタック鼻炎24」なんかも対象商品に含まれます。

おお、ガスター10!たすかる!

ちなみに、対象とならない薬は

  • 漢方薬
  • 病院で処方される薬(今まで通り医療費控除に含まれます)

などです。

なぜセルフメディケーション税制は始まった?

2015年の医療費は年間41兆円!過去最高を更新しました。

そこで、セルフメディケーション税制を導入。その目的は、病院の受診を減らし、増え続ける医療費を抑えことだったんですね。

試験的に、今年から5年間実施されます。

セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」(by WHO)。

セルフメディケーション税制は、自分から健康に気をつかったり、病気の予防のための取り組みをしている人を税金面で優遇する制度です。ちょっとした病気であれば病院に行かず、市販薬を購入して自分で治療するような人を増やそうとしているんですね。

さいごに

健康で薬なんてほとんど飲まない!という方はあまり関係のない話かもしれません。一方で、ご家庭に市の助成金の対象でないお子さんが多かったり、お年寄りがいる場合には頼りになる制度かもしれません。

ぜひぜひ、ドラックストアのレシートをとっておいてくださいね^^

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -


起業アドバイザー。臨床心理士、アロマセラピストとして子育て中のお母さんを支援する仕事もしています。2児の母。「親もチャレンジしよう!」をコンセプトに、起業・ブログ・SNS・子どもの発達・親のストレスマネジメントについての情報を更新。ジェンダーと知育にアツいです^^

西 なぎさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です