【2017年版】Instagram(インスタグラム)がよく分からない人集まれ!フォロワーの増やし方・ハッシュタグについて総まとめ

スポンサーリンク
こちらの記事はこんな人にオススメです!

  • Instagramのアカウントはあるけど、イマイチうまく運営できない
  • Instagramのフォロワーの増やし方を知りたい
  • Instagramの特徴について知りたい
  • ハッシュタグについてよくわからない
  • ユーザーがInstagramをどう使ってるのか知りたい

こんにちは、ズボラインスタグラマーなぎさです^^
 
 
前回、自宅で写真撮影!100均の材料で背景とレフ板を手作りしてみたよという記事を書いたのですが、あれから一度も背景をつかって投稿していません!(でも背景はオススメ!)
 
 
しかし、一人のズボラインスタグラマーとして、Instagramについて少しずつ勉強を重ねてきました。
 
 
今回は、Instagramをうまく運営できないという方のために、Instagramの特徴とフォロワーの増やし方、ハッシュタグの効果的な使い方をまとめました。
 
 
「Instagramの存在は知ってるけど、、、」「アカウントは一応あるんだけど、、、」という方は、ぜひ読んでみてください^^

Instagramの特徴は?どんなSNSなの?

Instagramは写真や動画がメインのSNS

Instagramは、写真や動画をメインに投稿するSNSです。
 
 
TwitterやFacebookでも動画や写真を投稿することはできます。
 
 
しかし、TwitterやFacebookでは、写真や動画の投稿はサブであり、やっぱりメインは文章。
 
 
 
 
一方、Instagramは「文章のみの投稿はできない」という特徴があります。
 
 
Instagramでのメインはあくまでも写真と動画。
 
 
文章はフォロワーさんに読まれない場合も。
 
 

なぎさ
Instagramは文章の内容よりも、写真や動画の質の高さが求められるSNSなんです

自分のサイトへの誘導は難しい

「投稿する文章の中にリンクを挿入できない」、というのもInstagramの大きな特徴の一つです。
 
 
リンクを貼り付けたとしても、リンクとして機能せず、ただの文字と化してしまいます。
 
 
リンクを貼れるのは、プロフィールページのみ!
 
 
そのため、twitterやFacebookと違い、自分のブログやランディングページを読んでもらえるように誘導するのには向いていません。
 
 
自分のブログの記事を読んでほしい場合は、投稿に記事更新情報を書いておき、Instagramのプロフィールページのリンクをたどって読んでもらうことになります。
 
 

なぎさ
ブログにとぶまでに一手間かかってしまうので、よっぽど気になる投稿でないとフォロワーさんに読んでもらえません、、、

拡散しにくい

もう一つの大きな特徴として挙げたいのは、「Facebookの『シェア』やTwitterの『リツイート』のような拡散の機能がInstagramはない」ということ。
 
 
そのため、Instagramは拡散しにくいSNSであると言えます。
 
 
Repostというアプリを使えば、気に入った投稿を、「リポスト(Facebookのシェアのようなもの)」することはできます。
 
 
しかし、「リポスト」はInstagramのユーザーにはそれほど普及していません(企業アカウントでは、たまにリポストあり)。
 
 
このような制限はありますが、写真や動画を撮影して共有するのは楽しく、InstagramはTwitterやFacebookよりも手軽で面白いと感じている人も多いです。
 
 

なぎさ
わたし自身も、Instagramの運営をかなり楽しんじゃってます!

Instagramのユーザー層は?どんなジャンルが人気?

Instagramのユーザーについて

Instagramのユーザーは、国内では20代〜30代の女性がメインのようです。
 
 
TwitterではアクティブではなくなったユーザーがInstagramに移行している現象も起きており、Instagramユーザーは今も増え続けています。
 
 
ちなみに、主要SNSのユーザー数はこちら↓

主要SNSのユーザー数

Facebookのユーザー:2,400万人(2015年3月) ⇒ 2,700万人(2016年12月)
Twitterのユーザー:3,500万人(2015年12月) ⇒ 4,000万人(2016年9月) 
Instagramのユーザー:1,200万人(2016年3月)  ⇒ 1,600万人(2016年12月)

【最新版】2017年4月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめより

FacebookやTwitterと比べて、Instagramはユーザー数が少なめですが、ユーザーの伸び率は大きいです。
 
 
また、TwitterもInstagramも匿名での投稿が可能ですが、フォロワーとのコミュニケーションの仕方にはちょっと違いがあります。
 
 

こんなユーザーが多い!

Twitter:価値観や趣味は合うけどリアルでのつながりのない人と主にコミュニケーションしている
Instagram:リアルでつながっている友人と主にコミュニケーションしている

なぎさ
Instagramでは、自分の顔写真や子供の写真を載せることも多く、プライバシー確保のためにアカウントを非公開にしている人の割合も多いです

Instagramでの人気ジャンルは?

Instagramでの人気ジャンル

  • ファッション
  • 食事
  • 美容・フィットネス
  • インテリア
  • 旅行・景色
  • 人物
  • ペット
  • イベント
やっぱり、どれも目で見て直感的に楽しめるものばかりですね。
 
 
Instagramのタイムラインを見ている感覚は、展覧会を見たり、ウインドウショッピングをしている感覚に近くて、わたしもすきです^^
 
 
なぎさ
10代〜30代の女性たちにとって、Instagramは必須のツールになりつつあると思います!

フォロワー・いいね!・コメントの増やし方

Instagramは拡散しにくいSNSなので、「フォロワーさんの数=自分の投稿を見てくれる人の数」と捉えるくらいでちょうどよいです。
 
 
なので、アカウントの認知度を高めようと思ったら、フォロワーさんの数を増やしていくことが大切になります。

Instagramはフォロワーが増えにくい?

今まで、いろんなSNSを利用してきましたが、「Instagramはフォロワーさんが増えにくいなぁ」と感じています。
 
 
たとえば、私の経験で言うと、Twitterでは、20人フォローすれば少なくとも2、3人はフォローを返してくれる感じです。
 
 
しかし、Instagramでは、何も考えずにを運営していると、20人フォローしても1人もフォローを返してくれないということがよくあります。
 
 
Instagramは、フォローする人を厳選している人も多く、ある意味シビアなSNS。
 
 

なぎさ
そこが、逆に面白いと感じてしまうわたしなんです!

フォロワー・いいね!・コメントを増やすために大切なこと

フォロワー・いいね!・コメントを増やすために大切なことを3つにまとめました!

    フォロワー・いいね!・コメントを増やすための3か条

  1. フォロワーさんに満足してもらえる写真を投稿する
  2. ハッシュタグを研究する
  3. 投稿時間を工夫する

①フォロワーさんに満足してもらえる写真を投稿する

「この写真は、フォロワーさんに満足してもらえるか?」を考えて投稿する。
 
 
それが一番大事なことなのかな、と思います。
 
 
もちろん、SNSを楽しむだけだったら、自分が楽しい、満足できる内容を投稿するだけでもいいと思います。
 
 
一方で、「フォロワーさんを増やしたい」という思いがあるのであれば、フォロワーさんを意識して投稿に工夫を持たせるべきだと思います。
 
 
 
 
「じゃあどうやったらフォロワーさんは満足してくれるのよ?」ということを考えたときに具体的な方法として言えるのが、「統一感を出す」ということです。
 
 
統一感というのは、

  1. 投稿内容の統一感
  2. プロフィールページのギャラリーの統一感

に分けられます。

1)投稿内容の統一感

投稿内容の統一とは、自分が投稿する写真や動画のジャンルをしぼるということです。
 
 
同じジャンルの写真を継続的に投稿していけば、「今後も同じような投稿をしてくれるだろう」と思ってもらうことができ、そのジャンルに興味のある人にフォローしてもらいやすくなります。
 
 
ジャンルを決めたら、そのジャンルで影響力のある方々のギャラリーを研究してみます。
 
 
そして、「そのジャンルではどのような投稿が求められているのか」とういうことを考えながら投稿に工夫を加えていきます。
 
 
わたしのアカウントは、育児系アカウントなのですが、育児系というだけではテーマが広すぎるので、フォロワーさんを増やすには、もっとテーマをしぼっていく必要があると気づきました。
 
 
そこで、最近は知育系アカウントに転身。
 
 
子供と積み木遊びをするのが好きなので、発達を促す積み木の様子を投稿したり、知育玩具紹介、絵本記録などでフォロワーさんと交流しています。
 
 

なぎさ
知育系アカウントとしてみなさんに認められるのは遠い道のり、、、!

一人の知育好きママとして精進します、、、!

2)プロフィールページのギャラリーの統一感

「ギャラリーの統一」はすぐにでも実践することができる部分です。
 
 
ギャラリーの統一とは、「投稿する写真のサイズや色味などの見た目をそろえよう!」ということ。
 
 
一つの投稿をきっかけに、「この人はどんな人なんだろう?」と思ってもらえたとき、プロフィールページをみてもらうことができます。
 
 
そのときに、プロフィールページのギャラリーが綺麗に整っていて、オリジナルの世界観が伝われば、フォローしてもらいやすくなると思います。
 
 

戦略的に整えられた「roomclip」のギャラリー
roomclipのInstagramより

 
たとえば、レトロな加工でおしゃれなインテリアを継続して投稿しているのならば、同じような色味や雰囲気で統一するのがいいと思います。
 
 
(あまりにも綺麗な空を見かけた日は、パキッとした青を投稿したくなりますが、そこはガマンです。。。)
 
 
もちろん、参入ジャンルによって、綺麗な写真やギャラリーが求められているかどうかは違ってきます。
 
 
(わたしが参入している知育系アカウントは、写真の綺麗さはあまり重視されていない様子。)
 
 
なぎさ
綺麗なだけの写真は、Instagram上にたくさんあるので、ジャンルを絞りつつオリジナル性を出していくことが必要なんですね

②ハッシュタグを研究する

ハッシュタグを効果的に使うというのも、フォロワーさんを増やすための一つの方法です。

ハッシュタグとは?

「ハッシュタグ」とは、「#(半角のシャープ)」がついたキーワードのこと。
 

 
Instagramではハッシュタグをつけて投稿するのが主流です。
 
 
同じハッシュタグが付けられた投稿は、ハッシュタグを検索すれば、一覧になって表示されます。
 
 
例えば、「#絵本」というハッシュタグで検索すると、絵本についての投稿を一覧で見ることができます。
 

 
また、ハッシュタグ一覧の上部には、そのハッシュタグの「人気投稿」が9つ表示されます。
 

 

なぎさ
「人気投稿」に表示されれば、それだけ自分の投稿を見てもらえる機会も増えます
 
 
ハッシュタグをつける上で大切なことは、「ハッシュタグをたどって写真を見てくれた人に満足してもらえる投稿をする」ということです。
 
 
ブログを運営している人は、記事を書くときに、「狙ったキーワードで自分の記事に来てくれた人の役に立つ内容にしよう」というのを心がけていると思いますが、その感覚に近いです。

オタクなハッシュタグをつかおう!

「どんなハッシュタグ(キーワード)を選べばいいの?」ということを考えたときに、わたし自身は、「オタクなハッシュタグ」を意識して使うのが効果的だと思っています。
 
 
「オタクなハッシュタグ」とは、その趣味を持っている人にしかわからないハッシュタグのこと。
 
 
たとえばわたしなら、「#グリムス社」というハッシュタグが「オタクなハッシュタグ」にあてはまります。
 
 
グリムス社とは、ヨーロッパの木製玩具をつくっている会社の名前なのですが、木製玩具好きにはかなり有名です。
 
 
しかし、一般にはあまり知られていないので、そのハッシュタグをつける人は少なく、同じ趣味を持った人だけに投稿を探してもらいやすいのです。
 
 
逆に、同じ木製玩具でも「#つみき」というハッシュタグは、一秒に何人もの人が投稿しているので、そのハッシュタグから見つけてもらうのは難しいです。
 
 

なぎさ
オタクなハッシュタグを使うと、「いいね!」の数が少なくても「人気投稿」にのることができるというのもポイントです

(赤枠の中の投稿がわたしの投稿。いいね!は35しかありませんが、オタクなハッシュタグのため人気投稿に!)

③投稿時間・頻度を工夫する

投稿時間の工夫

投稿時間の工夫とは、「フォロワーさんがInstagramを見てそうだな」と思ったときに投稿をするということです。

通学、通勤する人がInstagramを見てそうな時間帯

通勤、通学時間:7:30〜8:30
お昼休み:12:00~13:00
帰宅途中:17:00〜19:00
就寝前:22:00~23:00
 
 
専業主婦がInstagramを見てそうな時間帯

家族が通学・通勤してからの家事や用事の合間:9:00~15:00
就寝前:22:00~23:00

なぎさ
フォロワーさんに合わせて投稿するのがよしです

投稿頻度の工夫

投稿頻度が多すぎると、必然的に「いいね!」の数が減ってしまいやすくなります。
 
 
Instagramのユーザーには、連続投稿もあまり好まれません。
 
 
Instagramは、あくまでも写真や動画の質が求められているSNSなので、投稿頻度を無理に増やさなくても大丈夫です^^
 
 

なぎさ
わたし自身は、1~3日に1回程度の投稿で、写真の質を高めることを意識しようと思います

フォロワーさんをやみくもに増やすことのデメリット

Instagramでは、フォロワーさんを増やすことによるデメリットもあるようです。
 
 
それには、「エンゲージメント率」というものが深く関わっているのだとか。
 
 
エンゲージメント率とは、ユーザーが投稿に対して、いいね!やコメントなど反応してくれた割合を示す値のこと。
 
 
エンゲージメント率が高ければ高いほど、人気が高く、愛されているアカウントということになります。
 
 
Instagramでは、「フォロワーが多い」かつ「エンゲージメント率が高い」投稿ほど、「人気投稿」に選ばれやすいというメリットもあります。

エンゲージメント率の計算式

エンゲージメント率 = (いいね!数+コメント数)/フォロワー数
Instagramでエンゲージメントを高めるノウハウより

この計算式だと、「フォロワーが1000人で100いいね!」よりも「フォロワーが500人で100いいね!」の方がエンゲージメント率が高いということになりますね。
 
 
だからこそ、「フォロワーが多ければいい」というわけではないんですね。
 
 

なぎさ
エンゲージメント率を少し意識して、投稿内容、ハッシュタグ、投稿時間などを工夫していこう!

Instagramでウインドウショッピング?

「女性のInstagram活用」に関する調査のアンケートでは、70%以上のInstagramユーザーが「フォローしている人が投稿していたものを『欲しい』と思った」と答えているようです。
 
 
だからこそ、食べものでも、ハンドメイドグッズでも、イラストでも、デザインでも、目に見える「モノ」を販売している人は、Instagramを戦略的に活用すれば、もっと商品をアピールできると思います^^
 
 
最近は、わたしの周囲の人達も、ファッション雑貨や家具、家電、などを買う時にInstagramを使っています。
 
 
わたし自身、Instagramをきっかけにソファーを購入したことがあるので、その過程を記したいと思います。
 
 

Instagramで理想のローソファー探し

引っ越した直後、くつろげるソファーが欲しかったわたし。
 
 
理想のソファーについて想いをめぐらせます、、、。

こんなソファーがいい!

  • 0歳の子がハイハイやヨチヨチ歩きをしてもケガをしないようなロータイプ
  • 家族4人がくつろげるくらいの大きめ
  • 子供がお昼寝できるくらいしっかりしたシート部分
  • インテリア性もそこそこある
と、ソファーにしては若干多めの要求を持っているわたし。
 
 
そこで、まず楽天やその他のショップでざざっと探してみたのですが、気に入ったソファーがない。
 
 
そこで、取り出したのがInstagram!!!
 
 
なぎさ
Instagramでみんなどんなソファーを使ってるのか見てみよう!
 
 
(①Instagramの「検索」で、「タグ(ハッシュタグ)」を選択し「ローソファー」と入力)

(②そして検索。)

なぎさ
ん?なんかいい感じのソファーがあるな?

(③気になった投稿をクリック)


なぎさ
!ローソファ専門のお店があるの?

(④「#ローソファ専門店HAREM」をクリック)

なぎさ
このソファ、理想のソファに近いかもしれない、、、!

(⑤気になった投稿をクリック)


なぎさ
このソファ、#フロフロっていうんだ!

(⑥「#フロフロ」をクリック)


なぎさ
これは、、、!

(⑦気になった投稿をクリック)

なぎさ
!!!!赤ちゃんのいる家に最適!ほしい!
なぎさ
どんなショップなんだろう、、、

(⑧「harem_sofa」をクリックし、ローソファ専門店HAREMのプロフィールページへ)

(⑨ローソファ専門HAREMの公式サイトへいくために、プロフィール欄のURLをクリック)

(⑩公式サイトからショールームの位置を確認)

なぎさ
中目黒のショールームへ行くぞ!

(そして実際にショールームに行ってお買い上げ^^)

Instagramはウインドウショッピングにちょうどいい!

このように、Instagramはウインドウショッピング的な役割をもっているので、買い物と非常に相性がいいと思います。
 
 
Instagramでは、

  1. 商品を販売している企業の投稿に加えて、一般の人の投稿も見れるので、商品イメージが膨らむ
  2. 一般の人のレビューが見れるので、商品の人気度や使い心地がわかる
  3. ハッシュタグを使えば、簡単にいろんな会社の製品を見比べられる

 
 
これらの理由から、Instagramでウインドウショッピングをしている人が急増中!

なぎさ
お客さんの層に女性がいて、目に見える”モノ”を販売している人はInstagramを戦略的に活用していくのもいいかも

目に見える”モノ”を販売していなくてもInstagramをしてみよう!

わたしは、主に「育児支援(カウンセリング)」「キャリア支援」「起業支援」をサービスとして扱っているのですが、どれも視覚で伝えにくいモノなので、Instagramで自分をアピールするのは難しいなと思っていました。
 
 
最初は、とくに方針を決めず、「西なぎさってどんな人なのかな?」とInstagramに訪れてくれた方に親しみを持ってもらえるように、と始めたInstagram。
 
 
初めてみると、意外と奥深く、そして楽しい!!!
 
 
最近、Instagramの方針をぼんやり決めてからは、本当に少しずつですが、着実にフォロワーさんも「いいね!」も伸びています^^

Instagramの方針を決めました!

なぎさ
フォロワーさんと交流が増えて、さらに楽しい!!!
 
 
わたしは、Instagram大好きなので、これからもInstagramについて勉強したことを書いていきます!
 
 
よろしければ、フォローお願いします!
    ↓↓↓

Instagram

記事内で参考にした本

こちらの記事もよく読まれています

自宅で写真撮影!100均の材料で背景とレフ板を手作りしてみたよ

2017.02.15
スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -


臨床心理士、主婦キャリアプランナー、2児の母。「親もチャレンジしよう!」をコンセプトに、起業・子どもの発達・親のストレスマネジメントについての情報を更新。ジェンダーと知育にアツいです^^

西 なぎさ