積み木を買うなら『基尺』を知ろう!1歳半の娘に4cm基尺の積み木を選んだ理由

スポンサーリンク
こちらの記事はこんなあなたにピッタリ

  • 子供へのプレゼントに積み木を考えている
  • どんな基準で積み木を選んだらいいかわからない
  • 発達に合った積み木を選びたい
  • 積み木の基尺について知りたい
  • 知育玩具が好き!

こんにちは、知育玩具には目がないなぎさです。

1〜2歳のお子さんをもつ親御さんなら、積み木を検討されている方も多いのではないでしょうか?お店でも、魅力的な積み木が数え切れないほど並べられていますね。でも、そのたくさんある商品の中からどんな基準で積み木を選べばいいのか迷ってしまいます…

積み木を選ぶ基準として、意外と知られていないのが『基尺』

年齢や発達に適した基尺を知ることで、お子さんに最適な積み木を選ぶことができます!

今回の記事では、積み木の『基尺』についてじっくり考えていきましょう!

そもそも積み木の『基尺』ってなに?

積み木の基尺とは積み木の「基本となる寸法」のことです。
つまり、その積み木セットの最も小さい立方体の1辺の長さが基尺となります。

たとえば、これは現時点で我が家が持っている積み木の一番小さい立方体。
img_4115
1辺の長さが4cmですね!
なので、我が家の積み木セットは基尺が4cmということになります。

とはいっても、「これが何?」って思ってしまいますよね?
知育玩具が大好きでよく調べているわたしも、娘が1歳9ヶ月になるまで、基尺については聞いたことがありませんでした。

しかし、意外と重要なのがこの基尺。
基尺が同じでないと楽しく遊べない!ということではないのですが、お子さんが小さいうちは、同じ基尺の積み木がたくさんあった方が断然スムーズに遊べます。

img_4117
このように、基尺の同じ積み木だと、重ねていったときに高さがぴったりと合うので気持ちがいい!

子供の年齢と発達に合わせた積み木の基尺って?

積み木の基尺と年齢の目安、個人的なコメントについて表にしてみました!参考にしてみてください!

基尺 2.5cm 3cm 3.3cm
対象年齢 小学生〜 4歳〜 3歳〜
コメント テーブルの上で、緻密な作品作りに○大人でも十分楽しめる。
幼児はまだ手先の器用さが追いつかない。
積み木に慣れてきた頃に扱いたい。
床よりテーブルで遊ぶのに向いているサイズ感。
手先が器用になってきた子供に最適。2歳児には少し小さい。
3歳くらいから扱えるサイズ感。
この基尺の
商品
  • アンカー積木(アンカー社)
  • キュービックス(ネフ社)
  • セラ(ネフ社)
  • アングーラ(ネフ社)
  • キーナーモザイク(ネフ社)
  • 森のつみき(エド・インター社)
  • つみコレ(エド・インター社)
  • フレーベル(デュシマ社)
  • ウールレンガ積み木ベーシック(デュシマ社)
  • BRIO
基尺 4cm 4.5cm 5cm
対象年齢 2歳〜 1歳〜 1歳〜
コメント 2歳児でも上手に積むことができる。3歳児の手にジャストフィット。
小学校高学年まで楽しめそうなサイズ感。
乳幼児におすすめのサイズ。
小学生でも楽しめそうなサイズ感。
1歳児が握る、2歳児が積むのに最適な大きさ。
初めて店舗で見たとき、「あ、大きい」と感じた。
この基尺の
商品
  • 小さな大工さん
  • ボーネルンド
  • WAKU-BLOCK(童具館)
  • 音いっぱいつみき(エド・インター)
  • アルビスブラン
  • 小さな大工さん
  • ベビーキューブ(ジーナ社)
  • BLOCKS(セレクタ社)
  • ブロックス(HABA社)
  • ダイワ
  • ムルティポ(ジーナ社)
  • ネフスピール(ネフ社)
  • リグノ(ネフ社)
  • アークレインボー(ネフ社)
  • ベビー積み木(ジーナ社)

「なんだこれ!ありすぎる!余計にわからない!」という状態になってきました。
が!しかし!4cmの項目をみると、商品展開が多いことに気づきます。つまり、最も汎用性の高い基尺というのが4cmだと想像できます。

その他の積み木の基尺を選ぶ基準

わたしが考えた積み木の基尺を選ぶ基準は3つあります!

  1. 幅広い商品と組み合わせて遊べるか?
  2. 親が遊んでいて楽しいか?
  3. おさいふ事情に適した価格か?

では、一つずつ見ていきましょう。

幅広い商品と組み合わせて遊べるか?

おもちゃを選ぶポイントに「長く遊べるか」ということもあります。先ほどの表であげた商品はどれもシンプル。こちらの工夫次第で確実に長く遊べます。

数年後に他の商品を追加で購入することによって、遊び方が広がることも。

たとえば、ネフ社は2.5cm基尺、そしてその倍の5cm基尺の商品を展開しています。もちろん2.5cmと5cmは組み合わせて遊ぶのに最適。幼い頃は、5cm基尺のものを買って大きくなってから2.5cm基尺の高度なものを揃えるとより創造性の高い遊びが展開できます。

同じく、3cmと4.5cmのものも組み合わせやすいです。違う会社の商品でも、基尺さえそろっていれば組み合わせて使えます。

積み木の他に組み合わせたいおもちゃの代表に『ビー玉転がし』があります。溝のある積み木を組み合わせることによって、ビー玉の道をつくり、おうちでピタゴラスイッチできちゃうのです。これがまたすんごく魅力的。

5cm基尺の積み木を買ったのであれば、同じく5cm基尺のキュボロやクゴリーノと組み合わせることができます。4cm基尺の積み木ならばスカリーノやクーゲルバーン。

もう考えただけで楽しい。将来的には、ぜひビー玉転がしをしたい!

親が遊んでいて楽しいか?

「親が遊んでいて楽しいか」ってとこは超大事なポイントの一つです。

例えばネフ社のネフスピールはとてもカラフルで可愛いし創造性も育まれそうな感じ。でも、わたしは長く遊ぶことが難しい。遊べても15分とかが限界です。

1、2歳の時期ってどうしても親が相手をしてあげないといけないし、どうせなら親も楽しめるおもちゃがいい。

個人的には、直方体オンリーのレンガの形がたっぷり入った積み木セットに軍杯があがります。
img_4109
こういうやつ

最近は、お人形の家やお城なんかも作っています。娘のリクエストに合わせて「今日のお城はどんなインテリアにしようかな?」と考えるのも楽しいのです。

おさいふ事情に適した価格か?

理想はあれど、おさいふには限界があります。いくら知育玩具には財布のひもがゆるくなるといえ、手が出ない商品やゆっくりでないと揃えられない商品もあります。

やはり、同じメーカーの積み木であれば小さいものがやはり安価です。5cmよりは4cm。4.5cmよりは3cmがやっぱりお手頃。

同じ形の同じ基尺のものでも、メーカーや木の材質によっても価格が変わってきます。

わたしは4cm基尺の積み木を選びました!

img_4108
娘が1歳9ヶ月のときに初めてプレゼントしたのは4cm基尺の積み木。

  • 1歳後半〜小学校高学年まで長く楽しめそう
  • 4cm基尺は1歳後半でも扱いやすい大きさ。
    5cm基尺の積み木も1歳児に扱いやすいサイズですが、大人のわたしには見た目も持った感じもやはり「大きい」という印象。

  • 商品展開が多く安価な積み木もある
  • 童具館の積み木は素晴らしいけど、うちにはちょっと手がでない。数を揃えたいと思ったら、やはりコストを抑えたいとの考えもありました。

  • とにかくビー玉転がしがしたい!
  • とりあえず、ビー玉転がしがしたかった。これにつきます。スカリーノやクーゲルバーンと4cm基尺の積み木を合わせてピタゴラスイッチするのが今の夢です。

さいごに

積み木の基尺というニッチなテーマに関して語ってみました。最後までお付き合いいただきありがとうございます。

我が家は4cm基尺の積み木を選びましたが、どの基尺も組み合わせ次第で長く遊んでもらえると思います。『基尺』について考えながら、楽しく積み木を選びましょう!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -


臨床心理士、主婦キャリアプランナー、2児の母。「親もチャレンジしよう!」をコンセプトに、起業・子どもの発達・親のストレスマネジメントについての情報を更新。ジェンダーと知育にアツいです^^

西 なぎさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です