【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】


知育におすすめ!カードゲーム『虹色のへび』とは?ルールや遊び方は?

なぎさ
WRITER
 
カードゲーム虹色のへびのルール

 

■ 動画講座の特典付き ■

子育てママも子どものとなりで起業しよう!
今なら無料!0からの在宅起業メール講座


全10回の在宅起業メール講座です。
(登録は無料!)

・子育てだけの毎日にモヤモヤしているママ
・フルタイムの外勤に疲れ切っているママ
・Webの低単価の仕事に消耗しているママ

新しい「在宅起業」という働き方を
学んでみませんか?

今なら、子育ての合間にさらっと学べる
動画講座もお付けしています!



 
 
 


この記事を書いている人 - WRITER -
なぎさ
0歳児、2歳児、4歳児の3児の母。臨床心理士とWebコンサルタントの2足のわらじ。子育てと仕事の両立に悩むお母さんの在宅起業サポートもしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

療育の現場でも用いられることのある、『虹色のへび』。運の要素も強く、小さい子でも勝つチャンスがあるので、幅広い年齢層で楽しめるゲームです。

 

created by Rinker
Amigo
¥1,470 (2018/12/10 18:54:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

我が家では、娘が4歳のときに導入し、週末のたびに遊んでいます!ルールが単純でわかりやすく、お子さんの初めてのカードゲームにもぴったり。2013年のグッドトイにも選ばれました!

 

今回は、

  • 虹色のへびの対象年齢やおすすめの人数
  • 虹色のへびで身につく力
  • ルールと遊び方のこつ
について説明します!

 

15分ほどで遊べるので、気軽にゲームを取り入れたい方におすすめです!

なぎさ

 

[adsense_r]

知育に最適のカードゲーム『虹色のへび』とは?

 

虹色のへびは、山札の中から交代でカードを引いていき、下のように一つのへび(あたま・おなか・しっぽ)を完成させるゲームです。

カードゲーム虹色のへびのルール

 

虹色のへびのルールは簡単。下のように、同じ色が出れば、からだをつなげることができます。

カードゲーム虹色のへびのルール

 

へびの頭からしっぽまで完成させると、完成したへびのカードが全てもらえます。山札がなくなったとき、一番最後にカードを多く持っていた人が勝ちです。

 

対象年齢・人数・所要時間は?

 

対象年齢は3歳から。ルールを守って遊べるのは3歳頃からですが、2歳くらいのお子さんでも、パズルのようにへびの身体をつなげてみるなど、簡単な遊び方で楽しむことができます。

 

2人からでも遊べるため、親子二人で楽しくゲームできるのも魅力的です。運の要素も強いため、年齢差があっても一緒に楽しく遊ぶことができます。

 

激しいゲームではなく、興奮もしにくいので、我が家では寝る前に遊んだりもします。

なぎさ

対象年齢 3歳〜
人数 2〜5人
所要時間 15分程度
難易度 ★☆☆☆☆
おすすめ 少しじっくり遊びたいとき

 

カードゲーム『虹色のへび』では、どんな力が伸びる?

 

視点を切り替えられる力が身につく

 

虹色のへびは、場に出ているヘビを注意深く見ておかないと、上手に身体をつなげることができないゲームです。

 

場に何体も未完成のヘビが出ていることもあります。全体を見渡しながら、「どのヘビにつなげるのが一番いいのか」自分のカードの置き場所を考える必要もあります。

 

自分の引いたカードを場のへびにうまくつなげることができれば、長いヘビをつくることができ、逆転できることも多いのです。

なぎさ

 

集団参加の力がつく

 

虹色のへびは、戦略による勝敗がつきにくいので、みんなが楽しく遊ぶことができ、集団参加へのきっかけづくりに最適です。

 

「自分がへびを完成させたら、自分がカードをもらう」「相手がへびを完成させたら、相手がカードをもらう」のように、ルールの理解も簡単です。「カードをもらえる」という感覚も、子供にとってはとても喜びの大きいもので、ゲームに参加する意欲も高まります。

 

集団参加が難しいお子さんでも、ゲームを始める前に大人が1対1でルールの説明をしてあげたり、集団の場で適切にサポートしてあげると、より楽しく集団参加ができるようになります。

 

『色の概念』が身につく

 

虹色のへびは、様々な色のへびの身体が用意されており、「同じ色をつないでいく」というルールのため、色の概念を身につけることができます。

 

集団の中で、ルールを守ってゲームに参加するには、

  • 「これは何色?」という質問に正しく答えることができる
  • 同じ色を合致させることができる

など、『色の概念』を身につけておくことが前提です。

 

しかし、『色の概念』が身についていないお子さんであれば、大人と2人で「本来のルールとは関係なく遊ぶ」のもおすすめ。

 

へびの身体をパズルのようにつなげていきながら、楽しく色への認識を高めることができます。

なぎさ

 

[adsense_r]

虹色のへびのルールと遊び方

 

ここからは、虹色のへびの遊び方について、詳しく説明します。

まず、最初の人は、山札から1枚カードを引き、表にして出します。

カードゲーム虹色のへびのルール

 

次の人も、山札からカードを引き、もともと場に出ていたへびと色がつながらない場合は、別の場所に置きます。

カードゲーム虹色のへびのルール

 

自分のひいたカードに、場に出ているへびと同じ色の部分があると、下のようにつなげることができます。

カードゲーム虹色のへびのルール

 

交代でカードを引いていき、下の画像のように、ヘビをどんどんつなげていきます。

カードゲーム虹色のへびのルール カードゲーム虹色のへびのルール カードゲーム虹色のへびのルール

 

頭からしっぽまで、そろえることができたら、そのカードを全てもらうことができます。

カードゲーム虹色のへびのルール

一つへびができた!

 

山札がなくなるまでに、たくさんカードを集めた人が勝ちです。

 

特別な虹色カラーのへび

カードゲーム虹色のへびのルール

 

虹色のカラーをしたへびは、どの色にでもつなげることができます。虹色のカラーは、枚数が少ないため、カードを引けた人はラッキーです!

 

ゲームのアクセントになる特別なカードです。

なぎさ

 

虹色のへびをつかって『色の認識』を高める

 

色がまだ正確に答えられないお子さんでも、虹色のへびで楽しく遊びながら、色への認識を高めることができます。

 

ゲームなのでルールはありますが、「必ずルール通り遊ばなくてはいけない!」ということはありません。お子さんと1対1で遊べるときは、自由にカードを触らせてみるといろんな発見があるかもしれません。

 

簡単な色遊び

我が家の息子は、まだ「これは何色?」と聞いても正確に答えられないのですが、こんな風にカードをじっくり並べて楽しんでいました。

 

カードゲーム虹色のへびのルール

 

色には正確に答えられない息子ですが、「色遊び」ができていますね。

 

パズルのようにつなげる

 

色はデタラメですが、へびの身体をよく見て、パズルのように形を合わせています。

 

色と色とをつなげる

カードゲーム虹色のへびのルール

 

「黄緑と黄緑を合わせたらつながるね」など見せてみたら、その後、色を合わせてつなげることもできました。

 

難易度の高いつなげ方

カードゲーム虹色のへびのルール

へびの身体をつなげると、カードが横に揃わずに、上下になるパターン。これは、ちょっと難易度が高いようでした。息子は、カードの端と端をきれいに揃えたくなっちゃうタイプなんですね。

 

さいごに

 

虹色のへびは、ルールが単純でわかりやすいため、広い年齢層で楽しむことができます。

 

我が家のおばあちゃんも「認知症予防になる!」と言って楽しんでいました!

 

運の要素も強めですが、全体をよく見て適切な場所にカードを置くことによって、勝利の可能性は高くなります。

 

家庭に一つ『虹色のへび』を置いておくと楽しいかもしれませんね^^

なぎさ

created by Rinker
Amigo
¥1,470 (2018/12/10 18:54:38時点 Amazon調べ-詳細)

[adsense_s]

スポンサーリンク







この記事を書いている人 - WRITER -
なぎさ
0歳児、2歳児、4歳児の3児の母。臨床心理士とWebコンサルタントの2足のわらじ。子育てと仕事の両立に悩むお母さんの在宅起業サポートもしています。
詳しいプロフィールはこちら

【スポンサーリンク】


Copyright© おやもちゃれんじ , 2018 All Rights Reserved.